メイクアップアーティストの基本は、美容師の中にあるのです

メイクアップアーティストと美容師

舞台や映画、テレビ、雑誌などに登場する俳優やモデルの人たちには、専属のメイクアップアーティストが付いています。髪形を整え、その人が最も美しく見える化粧を施す仕事で現場には欠かすことができない職種です。メイクアップアーティストと呼ばれる人には、その名の通り、メイクアップだけしかしない人もいますが、全体の美を考えて仕上げるためにはメイクだけでなく、ヘアデザインも重要な要素です。従って、美容師の資格を取得している人が多いのです。

婚礼美容師は区別されています

美容業界の中では、ブライダル・ヘアメイクアーティストと婚礼美容師は区別しています。ブライダル・ヘアメイクアーティストはウエディングドレスのヘアメイク、つまり洋装のヘアメイクをメインに行い、厳密には和装の着付けは含まれていません。婚礼美容師は和装の着付けもしますし、もちろん洋装のヘアメイクの技術ももった人をいいます。和装の着付けや日本髪のセットは小物の数も多く、覚えることがたくさんあります。伝統ある民族衣装を継承するといった意志で臨まなければ習得できないものです。

メイクアップアーティストの技術は美容師が基本

メイクアップアーティストは、ファッションショーやブライダルサロンなど、さまざまな現場で活躍しています。仕事をする際にはメイクアップ専門のプロダクションや化粧品会社などに所属したり、モデルの専属として仕事を行っています。いずれも要求通りのイメージをメイクで表現する技術力がなければ務まりません。そのためには、コスメティックを的確に扱う技術よりも、まずメイクアップの基本中の基本であるフェイシャルケアを習得しなければなりません。皮膚に関する知識や、基礎理論などが必要となり美容師の資格が必要なのです。

美容師の求人は数多くあります。社員に限らずパートやアルバイトとでもあるので子育てしながら美容師の仕事をすることができます。